2016年9月2日 ★ Posted by Irino Miyu

音楽朗読劇VOICARION 無事終演致しました。
とても短い時間でしたが、スタッフ、ミュージシャン、キャスト、オーディエンス
全員で素敵な時間を作り出すことができました。
ありがとうございました。

20世紀初頭のパリ。
貴族。
この世界観に生きる事にとても苦戦していました。実は。

しかーし。
リハーサルでの悩みもなんのその。
音楽が、美術が、衣装が、導いてくれました。

俺に必要な事は「マイカとして生きる。」

これだけ。

まぁーこれがなかなか難しいんだけども。

そこに存在することができた。

そう思います。

次はミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」。
テオとして生きようじゃありませんか。
劇場で会うことができれば嬉しいです。
またね。

貴族とは、、、姿勢キープが辛いものだ。
 
 
 
2016.9.2